効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか

ストレスやトラウマを軽減

カウンセリング

両手を交差させて肩を叩く動作です

悲しいことがあったり、憂鬱な気分になることもありますが、身近に信頼できる人がいないと悩んでいる人もあります。バタフライハグは、両手を交差させて、左右の肩を軽く叩く動作をする手技です。両手を交差させるポーズが、蝶々に似ているのでこの名前が付いています。バタフライハグを行った後は、深呼吸をすることで、嫌な気持ちを軽減する効果があります。家族と離れて生活をしていたり、災害などでセラピストの手が足りない時も一人で実践できるなどのメリットがあります。大人だけでなく、子供も不安な気持ちになったり、トラウマを抱えていることもあります。バタフライハグは、お子様でも簡単に実践出来ますし、心の傷やトラウマなどを癒す効果があります。うつ病などの精神疾患で、気分が落ち込んでいたり、幼少時のトラウマを持ったまま大人になった人にもお勧めです。バラフライハグは特に道具なども必要はないので、すぐに実践することが出来ます。日本ではなじみが少ないイメージがありますが、欧米諸国などでは大変ポピュラーな方法です。

失恋をしたり、大切な恋人と破局をしてしまった時は、精神的なダメージが大きく、家事や仕事に支障が出ることもあります。健康な人であれば、数日程度で回復しますが、うつ病などの病気を患っている人は、憂鬱な気分が長く続いたり、意欲や気力が著しく低下することもあります。精神科の病院やクリニックで、適切な治療を受けることが大事です。自宅でも辛い気持ちになった時に、簡単に実践できるバタフライハグは人気があります。両手を交差させて、左右の肩を軽く叩くことで脳に働き掛ける効果があります。小さい頃は大人が抱きしめてくれましたが、成長と共にスキンシップは無くなってきます。バタフライハグは、自分の体を抱きしめることで、ストレスを軽減する効果があります。日常生活をしていると、仕事や恋愛、人間関係などで嫌なことも多いです。バタフライハグは、アダルトチルドレンやうつ病などに有効なので、一度試してみると良いでしょう。一人暮らしの人や、両親の帰宅が遅くなりがちなお子様に、バタフライハグがお勧めです。

Copyright© 2019 効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか All Rights Reserved.