効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか

メンタル面を強化する

悩む男性

予防や改善に役立つ

バタフライハグは、心の傷・トラウマを癒す効果を持つ医療方法としての注目が集まっています。メンタル医学の研究からもその効果は確認済みで、仕組みは簡単です。言葉少なくただただ「抱きしめる」ことによる感情コントロールができます。脳科学的に、右脳のネガティブさを抑制し、左脳のポジティブさが活発化するようです。不安をつくる扁桃体、その刺激をバタフライハグで和らげることができるようです。そのため、医療現場では救命救急の現場での尊い命に対する心の傷・トラウマを和らげるように、バタフライハグをしてくれる者を配置しています。その簡便さから、子供やお年寄りに対しても有効で、入院施設でのサービスに取り入れられるようになっています。指導するのは医療従事者ですが、実際に抱きしめるのは医療従事者をはじめ、保護者や同じ病に苦しむ患者さん同士です。今、「差別ない治療法」としての注目度を集めており、障害がある、肌の色が違うというだけの差別の仕組みを見直す対策にも繋がっています。

精神科・心療内科などでも治療法として提案しているバタフライハグは、セルフケアができる方法でもあります。何かしらの道具や薬などの準備する物もありません。例えば、幼児とならば、歌を歌いながら、リズムに合わせるように肩を交互にトントンと叩くバタフライハグを取り入れることができます。今、医療機関だけでの治療ではなく、療従事者によるセバタフライハグに関するミナーも開催されています。先に述べたように準備する物はありませんし、申し込み方法もセミナー主催者側に直接連絡を取る、あるいは提携先の医療機関に問い合わせることができます。メールを送ることや流行のSNSでならば、個別に相談などもできます。バタフライハグのセミナーとはいっても、やり方、効果についてなど、内容は様々です。無料と有料との支払い方法の違いもあり、キャッシュレスの支払い方法を選べるなら、準備金は不要でしょう。悩む本人が参加するのであれば、心の準備は必要です。もしかすれば、悩みを話す機会が与えられるかもしれません。

Copyright© 2019 効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか All Rights Reserved.