効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか

簡単な自己治癒方法

女性

誰でも出来るトラウマ克服の動作

バタフライハグは、心の傷やトラウマを乗り越えるために有効とされている自己治癒法の一つです。やり方は簡単で、胸の前で両腕をクロスさせ、左右の肩に置きます。そして、その状態で左右の肩をトントンとリズミカルに叩く動作を2分程度繰り返します。たったこれだけで、高い癒し効果があることが研究によって分かりました。バタフライハグがなぜ効果的かは、右脳と左脳に関係があります。強いストレスを感じると、右脳が活性化し、逆に左脳の働きが低下するという特徴があります。しかし、バタフライハグを行うことによって、右脳の活性化を抑え、左脳を活発化させることが出来るのです。また、親が小さな子供を寝かしつける時にトントンと体を叩く動作に似ていることから、潜在意識の中で親の愛を感じ、落ち着くことが出来るという原理も考えられています。また、一度行ってあまり効果がないと感じた場合は、もう一度同じように繰り返してみましょう。何度も行うことによって、徐々に効果が現れるケースがあります。

バタフライハグの大きなメリットは、道具がいらないこと、そして誰でもどこでも出来るということです。例えば、巨大地震などで避難所生活を余儀なくされた場合、非常に強いストレスを感じますが、バタフライハグはそのような場所でも簡単に出来ます。強いストレスや悩みを誰にも相談出来ない、というときでも、この方法は自分の部屋でこっそり行うことも出来ます。実際に、巨大ハリケーンの被災者にバタフライハグを試してみるように実験したところ、ストレスが解消されたという実権結果が報告されています。また、行うときのコツは、なるべくポジティブなことや言動をイメージしながら行うことです。そうすることで、トントンというリズムがさらに心地良いものに感じ、バタフライハグの成功率がアップします。逆にネガティブなことを考えながら行うと、そのことで頭がいっぱいになり効果が現れない危険性があるので注意しましょう。受験の失敗、失恋、病気、人間関係などで悩んだときは、バタフライハグを試してみましょう。

Copyright© 2019 効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか All Rights Reserved.