効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか

ひとりでできる

悩む女性

心理的な安心

誰にでも心に傷があったりトラウマになったりしているような出来事がありますが、それが今後の生活に影響するくらいになっていると心療内科でアドバイスをもらう必要があります。経験をすることで心の傷となるのは人によって違いがあり、ちょっとしたことで傷ついたり、また対話ができなくなったりするなどの生活でフラッシュバックを起こすことも多いです。日常生活に影響するくらいになると、うつ病の発症にも繋がってしまうために早期の解決をしておくことが自分を守ることになります。現代医療で心療内科で勧めている方法としてあるのが「バタフライハグ」になり、ひとりで簡単にできて時間もかからないことから推奨されています。心理的に効果を発揮するバタフライハグのやり方は、腕をクロスさせて右手を左肩、左手を右肩に包むように体制をとります。そして、両手で肩を交互にポンポンと叩いてあげるというそれだけのやり方ですが、2分間やるだけでメンタルに対してネガティブ意識が消えて、ポジティブ意識がでてきます。

心療内科でも勧めているバタフライハグをしたほうがいい人には、トラウマによってフラッシュバックで生活に支障がある人やうつ病の疑いがある人などです。心の傷をそのまま放っておくといつの間にかパニックなどをおこすようになったり、気分が情緒不安定になったりしてしまうことからも家族に迷惑がかかるばかりか仕事にも影響してしまいます。そんな時にバタフライハグをすることで気持ちが楽になり、心理的な影響がでてきますので、些細なことがあったとしてもやってみることです。気持ちに余裕が出てくるには時間がかかるかもしれませんが、応急的に効果があることが医学的にわかっているので、バタフライハグを実践することによって心の病が変ってきます。また海外では心的外傷後外レス障害などにも効果があるとされていて、災害被害者なども含めた広い意味でやってみることが大事です。日常生活のちょっとしたことでも、受験の失敗や仕事での失敗で同じようにバタフライハグで気持ちが楽になることもわかっています。

Copyright© 2019 効果バツグンのセルフマインドセラピーとはなにか All Rights Reserved.